骨盤矯正ベルトは巻く位置が大切

手軽な骨盤矯正道具として人気があるのが骨盤矯正ベルトです。毎日朝起きてから巻くだけでよく、整体などに通う必要がなくて便利ということから入手する人も多いでしょう。しかしながら単に腰回りにつけているだけで、巻き方を正確に理解していない人もいるかと思います。

実は骨盤矯正ベルトは正しく使用すれば、骨盤の開きや歪みを整え、スタイル向上やリンパの流れがよくなるために健康効果も期待できます。しかしながら正しくない位置に巻いてしまうと、骨盤がさらに歪んだ状態を作り出してしまいますから、健康状態が悪くなることもあり得るのです。こういった事態をさけるためには、まずは骨盤構成ベルトの基本の巻き方を理解しておくようにしましょう。

骨盤矯正ベルトで間違い易い失敗は、腰痛ベルトなどのように腰の上部に巻くという失敗です。このウエスト回りの位置に巻くのでは、腰の安定感こそありますが、決して骨盤を正しい位置にもどすという効果は生まれてきません。

それではどう巻くのかということですが、まずは自分の恥骨の場所を確認しましょう。次に足の付け根の骨が出っ張ったところ(大転子といいます)を探しましょう。触ってみると恥骨上部と大転子はほぼ一直線上に近く並んでいるかと思います。この直線状に骨盤矯正ベルトを巻くようにするのです。それによって産後や生活習慣から開いたり歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻るように締め付けることができます。実際に巻いてみると、おそらく想像していた位置よりもかなり下であり、腰というよりもお尻にベルトをしているような気持ちになるかもしれません。しかしながらそれこそが正しい位置なのです。

ただし骨盤矯正ベルトは沢山の種類があります。このためそれぞれ付属の説明書をしっかりと読んで、それに適した巻き方をするように努めることが効果を最大限に引き出す秘訣でもあります。また場所が今ひとつわからないというのであれば、骨盤矯正ベルトを持参のうえで、産院や整体院で指導してもらっても良いでしょう。それもちょっとという方は、まず男女別の製品がある場合は自分の性別のものを選ぶようにすると失敗しにくくなります。また巻く位置を失敗しにくいように仙骨パット付きの骨盤ベルトというものもありますから、こういった工夫されているものを選ぶようにしても良いでしょう。

正しい位置をマスターしてしまえば、大変便利なものです。一日中したままでなくても、一日10分程度巻くだけでもよいので習慣化することが大切です。

自分メモ(忘れないために)

2015年度は富士カラーに決まり
富士カラーの写真がきれいな年賀状で2015年は決まり

骨盤矯正ベルト体験ブログ